油伝.jpeg

ウラジミール・ペコフ写真展

​180°


VLADIMIR PEKOV 
Photo Exhibition


2021.8.14(土)〜10.3(日)
​※緊急事態宣言に伴い、会期を延長します

栃木県栃木市 ​嘉右衛門町伝建地区内

Kaemon-cho,Denken Area,Tochigi City,Tochigi Prefecture

「まさかさかさま」

ブルガリアの写真家、ウラジミール・ペコフは、幼い頃に父親からこんな話を聞きました。

「日本はブルガリアからちょうど地球の反対側に位置しているんだよ。地球は丸いから、日本の人たちは180度回転して逆さまになって歩かなくてはいけないんだ」

 

写真プロジェクト「European Eyes on Japan/ Japan Today」*に招聘され、初めて日本を訪れたウラジミール。栃木市で滞在制作を行い、嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区やその近隣の皆さんを写真に撮ってみることにしました。 逆さまになって歩く日本人はいたのでしょうか……ぜひ、皆さんの眼で確かめてみて下さい。

*毎年、EU各国から選ばれた気鋭の写真家が指定された県に滞在し、制作を行うプロジェクト。1999年にスタートし、2019年にその21回目として栃木が撮影県となった。全47都道府県での撮影が予定されている。今回展示される作品は、欧州文化首都(一年を通して、選定された町・地域の魅力を世界へアピールするEUの文化事業)であるブルガリアのプロヴディフとイタリアのマテーラでの写真展でも公開された。

06_Kindergarden.jpg

Access​

栃木県栃木市嘉右衛門町伝建地区内の5会場で作品展示しています

​​入場無料

①ガイダンスセンター(嘉右衛門町2-11)

  ※緊急事態宣言中(8/20~9/30)は①のみ休館となるため

  作品はご覧いただけません

②油伝味噌(嘉右衛門町5-27)

 10:00〜16:00/火曜定休

③Lydie tells a small lie(嘉右衛門町1-6)

 12:00〜19:00/月曜定休

④のぶひろアーキテクツ(泉町3-5)

​ ※ウィンドウギャラリーのためいつでもご覧いただけます

⑤​大貫邸(泉町2-29)

 ※ウィンドウギャラリーのためいつでもご覧いただけます

​お車でお越しの場合は、栃木市役所立体駐車場(無料)や近隣の有料駐車場をご利用ください。

電車でお越しの場合は、東武線・新栃木駅より徒歩15分ほどになります。

map_kaemon.jpg

ー ​関連イベント ー

写ルンです!
こどもワークショップ

【事前予約制】​

​写ルンです!を使い、自分の感性で街中の写真を撮ってみよう。プロカメラマンによるレクチャーで、個性を引き出す全2回のワークショップ。

<1日目>

8月14日(土)10:00〜 

自由解散

嘉右衛門町内の写真を自由に撮ってみよう。撮り終えたら写ルンです!を受付に提出し、自由解散。

<2日目>

8月21日(土)

10:00~12:00

現像された写真を見ながら、プロカメラマンと参加者同士で意見交換。最後は皆の写真で嘉右衛門町のフォトスポットマップを作ります。

会場:ガイダンスセンター

(嘉右衛門町2-11)

料金:3,500円(写ルンです!、現像代込み)

参加対象:5歳〜12歳

​2日程参加が条件

​講師:アラタケンジ

​申込締切:8月13日(金)

受付終了

​浴衣夕涼み撮影会

​【事前予約優先】

浴衣を着て街中散策を楽しもう。夕方には神社で撮影を行います。この夏の思い出の一枚を。

8月14日(土)

着付受付:12:30~15:30

撮影受付:16:00~18:30

会場:神明神社

(嘉右衛門町1-17)

​※雨天時は場所を変更して開催

定員:10組

料金:5,000円

(LINEデータ渡し、レンタル・着付け代込み)

​※友人、ご家族など人数が増える場合、レンタル・着付け代のみ別途+3,000円/1人かかります

カメラマン:アラタケンジ

​着付け:八重桜の会

※着付、撮影枠は先着順です。希望枠でお申し込みできない可能性もあるのでご了承ください

※事前予約優先ですが、当日空きがあれば飛び込み参加も可能です

受付終了

逆立ちコンテスト

​写真展に合わせたシュールな企画。皆さん、逆立ちできますか?

逆立ちの時間とフォームを競うコンテストです。優勝者にはプレゼントをご用意しています。

8月15日(日)

10:00~12:00

​※上記時間帯で随時受け付けます

会場:ガイダンスセンター

(嘉右衛門町2-11)

料金:100円

牛山すすむ
ブルガリア放浪記

​【事前予約制】

世界を旅した牛山すすむ。ブルガリアが気に入り、長期滞在していた際の思い出を写真とともに語ります。ブルガリア料理のお弁当付き。目と耳と舌でブルガリアを楽しもう。.

8月22日(日)

11:00~12:00

会場:ガイダンスセンター

(嘉右衛門町2-11)

定員:15人

料金:1,500円

(世界のお弁当で大人気!YADOMENさんの特製ブルガリア弁当付き!)

​申込締切:8月18日(水)

受付終了
Vladimir_portraitのコピー.jpg

ウラジミール・ペコフ
Vladimir Pekov

1986年、プロヴディフ(ブルガリア)生まれ。ソフィア工科大学を卒業後、2013年にニューブルガリアン大学で

写真の修士号を取得。ロック・クライマーたちの身体性と内的世界に迫った「Equilibrium」や自身のヒッチハイクの過程を追った「Road Game」など、多様な作品を制作している。​

http://vladimirpekov.com/

ー 対談 ー

「ファインダー越しの
 日本とブルガリア」



ウラジミール・ペコフ
×
アラタケンジ


【事前予約優先】

 

ブルガリア人写真家のウラジミール・ペコフと、日本人写真家のアラタケンジ。

​嘉右衛門町伝建地区にゆかりのある二人が、今回の作品についてや、ブルガリアと日本、それぞれの写真家事情などについて語り合います。

(ウラジミール・ペコフ氏はオンラインで参加)

 

10月3日(日)15:00~16:30

会場:ガイダンスセンター

(嘉右衛門町2-11)

定員:15名

​料金:1,000円

​※事前予約優先となります。当日空きがあれば、飛び込み参加も可能です。

198712467_935482873969187_50593898289429

アラタケンジ
Kenji Arata

兵庫県神戸市出身、日本写真映像専門学校卒。都内スタジオ、フリーアシスタントを経てフォトグラファーとして独立。東京で8年間フォトグラファーとして活動したのち、2015年に妻の実家のある栃木市に拠点を移す。商業撮影をベースに作品制作も行う。2006年「ami」キヤノン写真新世紀入賞。2015年、著書「普段の金沢に出会う旅」刊行。2020年栃木市冊子「地と」ふるさとパンフレット大賞南伸坊賞。

aratakenji.com

【イベント参加特典】

有料コンテンツ(逆立ちコンテスト除く)に参加された方、抽選で1名様に、渡良瀬遊水地で体験する「熱気球搭乗券(係留飛行)」(1組4名様迄搭乗可能)をプレゼントします!

イベントに参加するほど当選率アップ。

<コロナ対策について>

検温・消毒・マスクのご協力と、感染拡大防止のため混雑時には

入場制限を行い、少しお待ちいただく場合もあることをご了承ください

​<問い合わせ>

栃木市役所蔵の街課 地域おこし協力隊

chiikiokoshi.tochigi03@gmail.com

主催:ウラジミール・ペコフ写真展実行委員会

共催:NPO法人嘉右衛門町伝建地区まちづくり協議会

助成:EU・ジャパンフェスト日本委員会

協賛:一般社団法人栃木市熱気球クラブ

協力:Plovdiv 2019,European Eyes on Japan/Japan Today

​後援:駐日ブルガリア共和国大使館  栃木市