秋の花、茶、菓子を楽しんだ一日

しばらく秋らしさを感じる日が続いておりましたが、昨日は一転、真夏の暑さでしたね。 汗をかかないくらいの気候が一番好きなエンドウです。


久しぶりの夏を感じつつも、18時頃にはすっかり暗くなる夜空を見ていると、「ああ、秋なんだな」としみじみ。

昨日は秋分の日。この日を境に昼と夜の時間がほぼ同じになります。


そんな秋分の日、築185年の見世蔵で、「花・茶・菓-秋分-」を開催しました。 秋の花、お茶、お菓子を楽しむという素敵な会です。


今回は、大人5名とお子様4名のご参加でした。 乳幼児子育て中のママ、パパが多く、子育てトークも弾む楽しい会に。


見世蔵ではこれまでいろんなイベントを開催してきましたが、これまでの最年少、生後2ヶ月の赤ちゃんが参加!他にも、4ヶ月の赤ちゃん、1歳児、2歳児のお子様も参加くださり、「何か子育てイベントやりたいな〜」と思う会となりました。


・・・話がそれたので本題へ。


イベントではいつもは花を飾るのですが、今回は何よりも秋らしさを感じるすすき。 栃木市の寺尾地区からお持ちしました。

これだけで涼しい秋風を感じます。(外は30度だけど)



そしてお茶は、栃木市藤岡町の茶園、岸本製茶園さんのほうじ茶。 藤岡出身の方もいたのですが、皆さん藤岡に茶園があるということにびっくり。 茶園でお茶ができるまでの様子も写真、動画でご覧いただきました。 なお、岸本さんのお茶は道の駅みかも、藤岡の岸本製茶園さんでご購入いただけます。



そして菓子は、嘉右衛門橋のすぐ横にある廣田菓子舗さんのスイートポテト。

ちょうど今シーズンの販売がスタートしたタイミングだったので、皆さんに召し上がっていただきました。

ずっしりゴロッとした甘〜いスイートポテト。これぞ秋の楽しみ。



秋分の日に、栃木市の花、茶、菓子で秋を感じる時間を過ごすことができました。


そうそう、お茶を飲んでいたら、参加者のお一人が「あ!茶柱立ってる!」と一言。 みんなで覗き込むと、本当に茶柱が〜 「岸本さんのお茶を飲むと、きっとご利益があるね!」と盛り上がりました。

季節を楽しむ会「花・茶・菓」。

次回は冬、12月7日(土)”大雪(たいせつ)”の日に開催予定です。